射水神社の紹介

ホーム > 射水神社の紹介

祭神・二上神・瓊瓊杵尊由緒・攝末杜参拝のお作法境内・周辺環境季節の祭事・神事杜の主から

祭神は瓊瓊杵尊(二上神)

射水神社の祭神「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」は、伊勢神宮に祀られる天照大神の孫神様。「二上神」とも称され、稲作文化を日本全土に広めたという経緯から、五穀豊穰や商売繁栄の守り神として人々に崇敬されてきました。


由緒

創始は太古のことで年代は不祥ですが、「延喜式」神名帳では越中国唯一の「名神大社」に選ばれる由緒正しい神社です。また日本書紀に、天武天皇三年に奉幣を預かったと記されていることから、創建は千三百年余り前の奈良時代以前とされています。


鎮座

社伝によれば、養老年間(714〜723)、僧行基が二上山麓に建てた養老寺に、二上権現と称して祀ったのが二上神の鎮座といわれ、当時の領域は二上全山の22万坪余りにも達しました。その後、承平(931〜938)、天正(1573〜1592)の二度にわたる兵火で焼失しますが、慶長十五年(1610)、加賀藩主・前田利家公により復興。明治四年(1871)には、越中国で最も格式高い「国幣中社」に列せられます。同八年、高岡城本丸跡の現在地に遷座され、同三十三年六月、高岡大火の折に類焼しましたが、同三十五年復興しました。遷座よりすでに百三十年以上がたち、名神大社の格式を今も守り続けています。


攝末社

祭神

大山咋神(おおやまくいのかみ)

鎮座

二上山頂第一の峯(俗称・奥の御前)

例祭

4月18日、9月22日

祭神

地主神(じぬしのかみ)

鎮座

二上山第二の峯(俗称・前の御前)

例祭

5月13日、7月10日

祭神

菊理媛神(くくりひめのかみ)

鎮座

二上山全面北の峯(俗称・院内の谷)

例祭

5月3日、10月12日

祭神

建御名方神(たけみなかたのかみ)

鎮座

二上山全面西の麓(俗称・上二上)

例祭

8月27日

祭神

殉国の英霊

鎮座

古城公園椿山

例祭

4月中旬、10月上旬

ページの先頭へ