安産のご祈願

大切な命を授かった時、母親と家族は大きな喜びとともに少なからずの不安も感じるもの。

 

日本人は古くから、安産の守り神としてお産が軽いとされていた犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の「戌の日」に腹帯を巻いて「安産祈願」をしてきました。また、地域によっては「帯祝い」とも言います。

 

腹帯をするのは、母親の身体の保温と赤ちゃんの位置を安定させるためでもあり、昔の人は戌の日以降は腹帯を巻いて過ごしていたそうです。

安産守
ページの先頭へ