元服・髪上

古くは奈良時代以降に男子の聖人を示す通過儀式としておこなわれていた元服式。数え年で15歳でおこなわれていました。

 

また、女子は、子どもの髪型をやめさせ、それまで長くしていた髪を結い上げる「髪上げの儀式」を行い、子どもから大人になることを祝いました。
髪上げは13歳でおこなわれていました。

射水神社守り
ページの先頭へ