初宮詣

生後初めてお参りに行く儀式を初宮参り、お宮参りと呼びます。

 

赤ちゃんが無事誕生したことをご奉告し、健やかな成長と幸せをお願いするという意味や、けがれを祓うという意味があります。 お参りの時期としては、母子ともに平常の生活に戻ることのできる30日前後とされていて、男児の場合は31日目、女児の場合は33日目が一般的です。

 

地域によっては前後数日ずれたり、大祭に行うこともあります。 お宮参りする日は、赤ちゃんの健康や母親の産後の回復状況を考慮して、 雨天や寒い日は避け、晴れた気持ちのよい日にお参りすることが大切です

 

富山県では100日前後のお参りが多いようです。

勝守
ページの先頭へ