厄除け祈願

厄年一覧表

厄年とは、運気が下がり災厄に遭いやすい年齢といわれ、昔から数え年の男子二十五歳、四十二歳、六十一歳。女子十九歳、三十三歳、六十一歳をいずれも厄年と称して来ました。

 

特に男子四十二歳、女子三十三歳は、人生の大厄とされ、その前後を前厄後厄と称しています。 大厄の年は、最も慎むべき年とされ、神社にて災厄を除き、男子はその後、親戚友人を招いて饗宴を行い、一年の平安を祈ってきました。

 

厄年は、人生において肉体的、生理的な折り目となる時期といわれ、さらに社会的にも家庭的にも重要な地位を担う時期として特別の戒慎が求められてきたものと言えます。

 

人生の区切りの年として厄年の観念は伝え続けられ、無事平安はいつの時代も変わることなく祈願されています。 

ページの先頭へ